安倍首相 ロシア訪問に強い意欲示す

安倍晋三首相は15日の参院予算委員会で、自らのロシア訪問とプーチン大統領の訪日実現に強い意欲を示した。「ロシアとの対話は重要だ。私の訪ロとプーチン氏の訪日について、最も適切な時期を探っていく」と述べた。北朝鮮情勢やテロなど国際社会が直面する課題を挙げ「ロシアの建設的な関与を得ていくことが重要だ。さまざまな機会を捉えて対話を続けていく」と強調した。
北方領土問題に関しては「首脳間のやりとりなくして解決はできない。引き続き粘り強く交渉に取り組む」と語った。