日本共産趣味史年表(~2020年)

本日公開された個人作の歴史年表。2002年2月の出来事として「ムネオハウスムーヴメント」が掲載されていました。以下は冒頭の説明文。

2019年末ごろから2020年はじめごろまで某所で変名で発表した「日本共産趣味史年表」を再掲します。抜け漏れが多数あることは自覚していますから、コメントを頂ければ、追記する可能性があります。2024年6月6日。
日本共産趣味史年表(~2020年) | 熾火社

初出だった某所がどこかは分かりませんでした。

備考

記事投稿日: 2024年6月11日

はてな匿名ダイアリー「日本におけるリリックビデオの起源は鈴木宗男である」

本日、はてな匿名ダイアリーへ投稿された主張。その骨子は以下の通り。

(前略)


ムネオハウス関連動画は、主に鈴木や彼の秘書、ムルアカ氏の発言をサンプリングしPV風に作成されている。
そのため、(ネット回線の乏しさもあり)音質は悪く聞き取りにくいため、テロップを付ける必要がある。
動画はハウスミュージックをベースとしているので、テロップも自然と楽曲に乗せてリズムよく、時に演出として効果的に配置する流れが生まれた。


それまで、FLASHNHKみんなのうた」のように歌詞を単純に載せる動画は散見されたが、
リリックが演出として組み込まれ、インターネット上に広く浸透したのはムネオハウス関連動画の影響が大きい。


(URL省略)


その後、FLASH動画板では、BUMP OF CHIKENの楽曲「K」や「ダンデライオン」など一般楽曲にリリックを演出的に載せた動画などが広く浸透していく。


そして、FLASHが廃れた後は、ニコニコ動画YouTubeにその影響は受け継がれ、米津玄師やYOASOBIなどを輩出したボカロ楽曲において、


リリックビデオが一般的となった後に、今のJ-POP界においても、リリックビデオがMVの多くを占めるようになった。


もう一度言おう。日本におけるリリックビデオの起源は鈴木宗男である。
[はてな匿名ダイアリー] 日本におけるリリックビデオの起源は鈴木宗男である

鈴木宗男関連裁判 東京高裁再審認めず / 鈴木氏側 特別抗告へ

受託収賄やあっせん収賄などの罪で実刑が確定し、服役した鈴木宗男参院議員(76)の再審請求について、東京高裁(三浦透裁判長)は25日、請求を退けた東京地裁決定を支持し、弁護側の即時抗告を棄却した。


鈴木議員は同日、東京都内で記者会見し、「私はやっていないし、真実が明らかになっていない。憤りの気持ちでいっぱい」と語り、最高裁に特別抗告する方針を明らかにした。


三浦裁判長は、東京地検特捜部が作成したとする「尋問シナリオ」などの弁護側新証拠は確定判決に影響しないとした地裁決定について、「不合理な点はない」と判断した。


確定判決によると、鈴木議員は北海道開発庁長官、官房副長官だった1997~98年、林野庁への口利きに対する見返りなどとして、計1100万円の賄賂を受け取るなどした。

即時抗告を行ったのが19年3月25日だったので、実に丸5年かかりました。

衆議院 映像記録アーカイブ公開

2005年頃に衆議院のインターネット審議中継サービス「衆議院TV」がリニューアルされて以降見られなくなっていた2002年当時の映像が、再び公式で見られるようになりました。

お知らせ


2024年3月21日より、ビデオライブラリでは公開されていない審議映像(第120回国会[1991年1月30日]から第173回国会[2009年12月4日])を視聴できる「映像記録アーカイブ」を公開いたしましたので、お知らせいたします。


本ページの下部にあります「映像記録アーカイブ」にアクセスしご視聴ください。
-衆議院インターネット審議中継

以下、本ページで取り扱っている話題に関連したものを列挙します。議事録他は衆議院公式へのリンクになります。

宇和島でソメイヨシノが開花

本日、宇和島市から開花宣言が出ました。今年は同じく独自の開花宣言を行っている宿毛市が3/12に開花宣言を出していました。

ページビュー22年目記録

当サイト22周年。以下、旧ページトップ(http://www.remus.dti.ne.jp/~yomo/index.html)とはてなブログの月別PV。

 旧ページはてなブログ
--トップUU旧ページからPV全体PV NEWS以外PVトップ
2023年03月732511641425341
2023年04月3320293252338
2023年05月5321015374281106
2023年06月36250942528497
2023年07月452031642631232
2023年08月411881429322615
2023年09月452692142228213
2023年10月16540654898747206
2023年11月12160225818324
2023年12月31169930821595
2024年01月31167641533713
2024年02月1414853913317
* Google Analytics調べ

昨年度に引き続きウクライナ紛争関連で話題になる度に思い出され需要が発生していました。10月のピークは御本人さんが日本維新の会から離党された影響かと思われます。

坂田利夫氏 死去 82歳

アホの坂田」の愛称で親しまれたコメディアンの坂田利夫さんが、29日に老衰のため大阪市内で亡くなった。82歳だった。


坂田さんは1964年にデビュー、67年に前田五郎さん(故人)と漫才コンビコメディNo.1」を結成し、数々の賞を受賞。若手のころから、西川きよし・ヘレン夫妻と仲が良く、西川家に居候して3人で若い時代を切磋琢磨した。「あっちこっち丁稚」(朝日放送)で共演した後輩の間寛平とは54年間の親交があり、先日は82歳の誕生日を間寛平夫妻が祝い、大変喜んでいたという。最期も親族と間寛平夫妻に見守られながら息を引き取った。


(後略)