タンカー座礁事故 ディーゼル燃料300トン流出との見方

【モスクワ田中洋之】北方領土択捉島の紗那(ロシア名クリリスク)沖で15日にロシアのタンカー「カラクムネフチ」が座礁した事故で、インタファクス通信は20日、積載していたディーゼル燃料約1275トンのうち、約300トンが海に流出したと報じた。タンカー内にはまだ約800トンが残っており、深刻な海洋汚染に発展する恐れがある。
タンカーはロシア極東の沿海州から紗那に発電用のディーゼル燃料を運ぶ途中で、悪天候のため沖合80メートルの浅瀬に座礁。船体にできた亀裂から燃料が漏れ出したとみられる。17日には現場近くの沿岸で油の漂着が確認された。ロシア海洋救難当局はタンカー内の燃料抜き取り作業を行っているが、これまでに回収できたのは一部にとどまっている。
タンカーの船員20人は16日に全員救助されている。
周辺海域には1000〜2000頭のラッコが生息しているといわれ、生態系への影響が懸念されている。