タマちゃんにも負ける、民主党の不人気

政治評論家の小林吉弥氏は「この泥仕合を見て一番ニンマリしているのは小泉首相だろう。野党第1党がこの体たらくなら、しばらくは政権安泰だから」と語り、こう続ける。
「好き嫌いで代表選びをしているようでは、政党として熟成していない証拠。若手一本化のゴタゴタなど、政治の素人が見てもウンザリしてしまう。政権獲得の明確な戦略を掲げて、党を割るぐらいの覚悟で政策・路線論争を戦わせなければ野党の代表選など注目されない。正直いって、鶴見川のタマちゃんの方が注目されている。死に物狂いで戦っている迫力がなければ、与党も脅威に感じないよ」