プーチン大統領記者会見 安倍首相との会談に意欲

ロシアのプーチン大統領は20日、第二の都市サンクトペテルブルク共同通信など世界の主要通信社と会見、北方領土問題について「すべての問題は解決可能だ。そのためにも(首脳)会談が必要だ」と述べ、安倍晋三首相との首脳会談に強い意欲を示した。
大統領は首相と年内の訪日を目指すことで合意しており、自らの訪日による領土問題の進展に前向きの姿勢を示したとみられる。だが訪日の具体的な見通しには言及しなかった。
大統領は一方で「われわれの関係が冷え込んだのは、日本側の責任」とも指摘。ウクライナ情勢をめぐり日本がロシアに制裁を科したことが、両国関係の進展と平和条約交渉を妨げているとの認識を示した。
大統領は領土問題について「ロシアだけでは何もできない。日本側からの動きを待っている」と述べ、領土交渉を打開するためには、日本側が新たな提案を打ち出すべきだとの考えを示唆した。(共同)

 【サンクトペテルブルク=田中孝幸】ロシアのガルシカ極東発展相はサンクトペテルブルク日本経済新聞のインタビューに応じた。北方領土を含むクリール諸島(千島列島)に税制面での優遇措置や行政手続きの簡素化を柱とした新型の経済特区を新設する方針を明らかにした。日本がウクライナ問題を巡り実施する対ロ制裁の解除も求めた。日本の安倍晋三首相を9月、プーチン大統領が出席する極東の経済フォーラムに招待する考えも示唆した。
(後略)