鈴木宗男 「日本一ダーティーな男」訴訟で勝訴が確定

衆院議員鈴木宗男被告(57)=受託収賄罪などで1審実刑=が、民主党北海道選挙区の峰崎直樹参院議員(60)に損害賠償などを求めた訴訟で、最高裁第3小法廷(金谷利広裁判長)は1日、峰崎議員の上告を退ける決定をした。
「発言は社会通念上、名誉感情を害し、鈴木被告の社会的評価を低下させた」として、100万円の支払いを命じた鈴木被告逆転勝訴の2審札幌高裁判決が確定した。