鈴木宗男関連裁判 東京地裁再審認めず / 鈴木氏側 即時抗告へ

受託収賄などの罪で実刑判決が確定し、服役した新党大地代表の鈴木宗男・元衆院議員(71)の再審請求で、東京地裁20日、裁判のやり直しを認めない決定をした。弁護団は、検察官が証人尋問前に作成した「シナリオ」を新証拠として提出。証人が記憶に反する証言を強いられ、有罪認定の根拠になったと主張していた。


家令和典裁判長は「検察官が尋問前に贈賄側証人と綿密な準備をしたことは認められるが、自ら作り上げたストーリーに基づいて虚偽の供述を強要した合理的な疑いはない」と判断した。
(後略)

受託収賄などの罪で実刑判決が確定し、服役した新党大地代表の鈴木宗男衆院議員(71)の再審請求で、東京地裁20日、裁判のやり直しを認めない決定をした。決定を受けて宗男氏が会見を行い、「真実をもって、これからも戦っていく」と徹底抗戦の意向を示した。弁護人は決定を不服として、25日に東京高裁に即時抗告すると明かした。


弁護団は検察官が証人尋問前に作成した「尋問シナリオ」を新証拠として提出。証人が記憶に反する証言を強いられ、有罪認定の根拠になったと主張していた。


宗男氏は「新しい変化として、想定問答という重大な資料があるにもかかわらずそれを認めない判断は、裁判官としての役割を果たしているのかなと不信感を持った」と決定を不服とした。さらに「誰かが戦わなければ、あしき慣例が残る。間違った権力による乱用で、人生が変わった人もいる。時間もお金もかかるが、私は裸になってでも、その人たちのためにも戦う義務がある。弁護士の方々の力をお借りしながら、検察と対峙(たいじ)していきたい」と決意を示した。

宇和島市さくら観測員 五十嵐廉さんインタビュー

観測日記をつづるブログには、「今年も咲きましたね。おめでとうございます」など、桜前線の到来を待つ各地の人からメッセージが寄せられる。全国に散らばった宇和島出身者や、長く厳しい冬を過ごす北国の人たちとも交流が芽生えた。「記録に残して発信すると、遠い宇和島のことを思ってくれる。桜のありがたみを感じます」

ページビュー17年目記録

当サイト17周年。以下、旧トップページ(http://remus.dti.ne.jp/~yomo/index.html)の月別PV。

  • 2018年03月 55
  • 2018年04月 32
  • 2018年05月 30
  • 2018年06月 21
  • 2018年07月 23
  • 2018年08月 35
  • 2018年09月 27
  • 2018年10月 46
  • 2018年11月 34
  • 2018年12月 30
  • 2019年01月 29
  • 2019年02月 48

*ACR アクセスログ解析ver3.5調べ

この一年は北方領土交渉絡みでの鈴木宗男氏が頻繁に官邸入りを繰り返し、メディアでの発言も多くありましたが、こちら方面への影響は特にありませんでした。
続いてはてなダイアリー

UU 旧ページから PV全体 PV NEWS以外 PV トップ
2018年03月 348 10 569 310 21
2018年04月 312 10 487 217 26
2018年05月 295 8 443 214 25
2018年06月 223 5 377 177 9
2018年07月 209 4 362 206 18
2018年08月 300 12 531 275 34
2018年09月 242 8 589 386 14
2018年10月 304 14 495 253 11
2018年11月 191 7 354 219 14
2018年12月 172 10 350 241 11
2019年01月 309 5 422 281 11
2019年02月 350 10 540 390 23
*Google Analytics調べ

引き続きニュースのクリップは休止中。2019年2月末をもってはてなダイアリーが終了するため、計測最終日の2月28日夜にはてなブログへ移行しました。

鈴木宗男関連裁判 地裁の再審判断は20日

受託収賄など四つの罪で実刑判決が確定し、服役した新党大地代表の鈴木宗男・元衆院議員(71)の再審を認めるかどうかについて、東京地裁が20日に決定を出すことが5日、関係者への取材で分かった。
(後略)

はてなブログに移行しました

はてなダイアリー終了に伴い、本日はてなブログに移行しました。移行前の全記事について旧はてなダイアリーからのリダイレクト設定が効いているのでリンクの差し替えは不要と思われます。